アルフォンス・ミュシャ(その2)

先日行かなかった高崎市美術館にも足を運んでみた。

若い頃は本格的に美術の勉強をしていたミュシャも、生計のために挿絵やポスターを手がけるうちに、その時代の超売れっ子イラストレーター、グラフィックデザイナーとなったようだ。若い頃の基礎がきっと活きたんだなぁ。

多くの有名な画家たちが現役時代にはあまり金銭的に恵まれていなかったのと比べ、とってもお金持ちだったんだろうな・・・
[PR]
by dual-processor | 2010-10-01 18:34 | 生活
<< 金沢 地デジ難民 >>